26文字のラブレター
5f759f528f2ebd5b7a6e284a

26文字のラブレター

残り1点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

『猪口猪口逢う夜を一つにまとめ 徳利話がしてみたい』 七・七・七・五のリズムで詠まれる唄、都々逸。江戸末期から明治期にかけて流行ったものです。 日本人の心を打つ七と五のリズムと、気の利いた言葉遊びで恋の機微を詠んだ多くの唄と、それに合わせた柔らかなイラストを楽しめる一冊です。 プレゼント包装を無料で行うことができます。商品ページからご希望の紙とリボンをカートに入れて一緒にご注文ください。 こちらの商品は店頭併売商品につき、品切れの場合にはご注文をキャンセルとさせていただく場合がございます。ご了承ください。